予約システム

講習会や料理教室やダンス教室といった各カルチャースクールの予約受付、病院の予約受け付け、レストラン席の予約、くだもの狩りの予約など様々な状況に合わせた予約システムをWordPressに導入します。
この機能は、カレンダーのスケジュールに合わせて予約を受け付けるシステムで、数量を管理し、予約状況をカレンダーで分かりやすく表示することができます。

予約は時間割で登録できますので、1日1回でも、複数回でも時間割にして受付可能です。
予約が受け付けられると管理者宛にお知らせメールが届き、ホームページ上の数量カウントが減算され、残り数量により「〇、△、×」をカレンダー上に表示しますので、大変分かりやすいインターフェースを備えています。

講習会、カルチャー教室、病院、レストラン、くだもの狩りなど様々なシーンに幅広く対応した予約システムを是非活用してください。

予約は分かりやすく

1日の予約は時間で区切ることができます。予約希望日をクリックすれば、当該日の時間割予約状況が表示されます。
予約受付はカレンダーによるスケジュール管理で設定します。日付単位で設定できるので曜日ごとの受け付け、あるいは1カ月に何日であっても簡単に設定できます。

予約状況の表示や受付の中止も、わざわざサイトを閉鎖する必要がありません。

管理画面はカレンダー仕様で予約の状況を簡単に把握できるインターフェースを備えています。日付を指定すれば、時間割毎の予約状況、個別に予約のお客様情報が表示されます。

Webサイト上で予約が管理者により承認されると、予約者にメールを送信します。

システム最大の特徴は、

予約品目を予約件数で制限するか、予約人数で制限するかの選択ができることです。

予約件数で制限
予約件数で制限
レストランの席の予約なら、テーブル数を予約件数として受け付けます。また美容院ならシート数、レンタルデスクなら座席数などを予約件数の最大数として登録します。
予約人数で制限
予約人数で制限
いちご狩りの予約なら受け入れ人数を最大数として登録します。またはフラワー教室などは収容できる定員数を最大数として使用します。
様々な予約人数条件に対応
様々な予約人数条件に対応
予約は1人だけ、2人以上で何名様までのような幅に対応した、受付の下限と上限の設定ができます。また小人の扱いとして、乗率で合計人数を計算します。小人の乗率が0.7の場合、2人なら大人1人、3人なら大人2人に相当します。
複数の予約品目設定
複数の予約品目設定
予約品目の複数設定ができます。予約スケジュール(カレンダー)も品目毎に設定できますので、異なる品目を設定するばかりでなく、同じ品目も期間を変えて設定することができます。
予約受付カレンダー

予約受付カレンダー

予約の参照と確認

予約の参照と確認

予約受付画面

予約受付画面

© 1997-2017 Who All Rights Reserved.